こごまのままに

愛犬が教えてくれる幸せ ~強迫性障害とともに生きる~

激痛!それって【歯髄炎】かも!?噛むと歯が痛い。脈打つようにズキズキ。私が歯の神経を抜くまで

更新まで少し期間が空きました。

 

木曜日まで仕事が忙しく、やっと解放。

昨日から今日の夕方までずっと寝ていました。

やっと動けるようになったので、ブログを綴ります。

 

こころが疲れていると、私はずっと寝続けてしまいます。

 

でも、今回はそれだけではなかったのです…。

 

f:id:cogomama:20190209204928j:plain

僕もねてるの

 

耐え難い、謎の『歯』の激痛

 

前回、「ストレスや疲れがたまると、私はからだにこんな異常があらわれます。」とお話しさせていただきました。

www.cogomama.com

 

その中に『歯』のお話しがありました。

 

ブログを書いていたのは火曜日。前日、月曜日の夜中、痛くて何度も目が覚めました。

そんな話を含め、ブログを書き終わった頃、少し回復してお昼寝をしました。

 

そして、目覚めたら…。

 

 

「あれ?なんかおかしい?」

 

 

それまでとは違う違和感が。

 

 

痛んでいたのは、右下の奥から2番目の歯。

上の歯が少し当たるだけで激痛が走りました。

指で上から触ってみても痛い。

 

「まぁ、しばらくしたら治るだろう」と、とりあえず鎮痛剤を飲んで過ごしました。

 

 

こごまのシャンプーしたり、夕飯作ったり。

 

でも、いっこうに治る気配がない。

 

夕飯も、逆の歯で噛もうとしても、どうしても痛む歯にも当たってしまう。

その度激痛。

泣きそうになりながら、時間をかけて食べ、(途中からほぼ飲み込んでいました。)

また鎮痛剤を飲み、寝ました。

 

案の定、鎮痛剤がきれたであろう、朝方目が覚めました。

 

 

「あれ?あれれ?これヤバいかも…」

 

火曜日は、『噛むと痛い』『触ると痛い』状態で、ズキズキした痛みは治まっていました。

でも、起きたら、ズキズキの痛みが復活!しかも前より激しい。

 

ドクン、ドクンと脈打つような痛みも加わっていました。

 

一つ不思議だったのが、その歯は以前から冷たいものがめちゃめちゃしみました。

でも、冷たい水を含んでも、全くしみない。

 

 

これはもうどうにもならないと、かかりつけの歯医者さんに電話。

予約でいっぱいでしたが、症状を話すと診てもらえる事に。

 

午後から仕事だったので、遅れるかもと会社に伝え、歯医者さんに行ってきました。

 

スポンサーリンク

  

 

激痛の正体『歯髄炎』

 

実はその歯、そこの歯医者さんで何度か治療してもらっていたのです。

 

初めてそこの歯医者さんに行ったのは1年半くらい前。

別の件で診てもらった事がありました。

 

その時に元々銀歯だったところを、白い被せものに替えるという事に。

保険適用のもの。

 

それからです。おかしくなったのは。

 

 

まず、噛むと痛くなりました。でも、それはすぐに治まりました。

だから今回も、すぐ治まると思ったのです。

 

その後、冷たいものがしみるようになり、熱いものがしみるようになり、

甘いものがしみるようになり、コーヒーが…と徐々に酷くなっていきました。

 

定期健診の時に相談しましたが、知覚過敏との事。

知覚過敏用の薬を何度か塗ってもらいましたが、変わらず…。

 

でも、その歯の上からしみる気がずっとしていたのです。

「上からしみる気がするのですが…。」

 

「上からしみる事はほとんどないよー。」と先生。

そういいながら、空気をプシュっとかけたら…

 

 

痛い!!!!!!!

やっぱそうじゃん!!!!!!!!!

 

 

もう一度、被せものをやり治してもらいました。

その時、「これで一度様子見て、それでもダメなら神経を抜くかも」と言われました。

 

この時点で、しみる痛さに1年近く耐え続けていました。

 

これ、白いのに替えなかったら…その時細菌が…とか思いましたが、今更言ってもしょうがない。

 

 

やり治してもらって多少は改善されましたが、相変わらず冷たいものはしみていました。

たまに歯、頬、顎にかけて痛くなっていました。

 

おそらく、少しずつ、少しずつ、蝕んでいっていたのでしょう。

 

 

そして、今回の激痛に。

 

診断結果は『歯髄炎』。

 

『歯髄』はいわゆる『神経』の事らしい。

神経や血管などの組織が集まっている場所。

そこが炎症を起こしていて、神経がやられている状態だと。

 

結局、神経を抜くことに。

その日は応急処置で、歯の負担を軽くする為に噛み合わせの高さを調整。

 

金曜日に予約を取り、そのまま仕事に行きました。

市販の鎮痛剤でもいいと言われたので、持っていたものを飲んで仕事に臨みましたが、やはり激痛。効かない…。

冷や汗が出て、作業しながらずっと一点を見つめていました。

 

たまたま、処方箋の鎮痛剤を持っている人がいて、分けてもらいました。

その後、すぐに効いて、天国か!と思いました。

早退していいよと言われましたが、なんとか最後までやり切りました。

 

でも、次の日も仕事。

もらった鎮痛剤はその時のためにとっておく作戦で、それまで市販の鎮痛剤で過ごしました。

が、激痛!拷問か!ってくらい痛かった。

 

なぜ、歯医者さんで処方してもらわなかった、私。

 

みかねた旦那が、24時間やっているドラッグストアを探しだし、行ってきてくれました。

でも、薬剤師さんがいない時間だったので、『第1類医薬品』は購入できなかったそう。

「その次に強いやつください!」と言って買ってきてくれたみたいです。

 

ありがとう。感謝しかない。

 

 

そんな感じで、次の日も拷問の一日を過ごし、金曜日の夕方にようやく治療してもらえました。

 

 

こごまも何かを察したのか、家事をする時もいつも以上にそばにいてくれました。

 

f:id:cogomama:20190209205015j:plain

だいじょうぶ?僕がついてるからね


ありがとう。大丈夫じゃないけど、大丈夫だよ!

 

歯の神経を抜く『根管治療』

 

痛みに耐え続け、やっとこさ治療の時間が訪れました。

この痛みがなくなるなら、もう何でもいいや。

 

歯の神経を抜く治療というのは『根管治療』。根の治療ってやつです。

 

j-dental.net

 

わかりやすく書いてあるサイトがありました。

ちなみに、私が通っている歯医者さんとはなんの関係もありません!

 

 

治療室に呼ばれ、まず麻酔をしました。

麻酔苦手。2本打ちましたが、今回が過去最大に痛かった!

思わず「うぅ…」と声が出てしまいました。笑

泣きそうでした。

 

麻酔が効いてから治療開始。

 

麻酔が効いているので、振動はあっても痛みは感じませんでした。

ドリルの音がしたり、なんかカンカンやられてるなーくらい。

あっという間に終わりました。

 

今回は薬剤を詰めて、仮の蓋をしてもらい終了。

 

1週間後にまた来てくださいと。

 

色んなサイトも見ましたが、やはり3~4回かかるみたいです。

きちんと無菌状態になるまで、繰り返すみたいですね。

 

次回は麻酔はしないそうです。心配で聞きました。笑

 

丸1日くらい、痛みが出ることがあるそうなので、今度はちゃんと鎮痛剤を処方してもらいました。

徐々に薬剤が効いてくると。信じていいんだよね?

 

麻酔がきれたらやっぱり痛かった

治療後、3~4時間して麻酔がきれました。

もう、疲れと痛みでブログ書く気力もありませんでした。

 

とりあえず処方してもらった鎮痛剤を飲み、ずっと寝てました。

やはり、丸一日痛かった。

今は、徐々に痛みがなくなり、噛んでも少し違和感があるくらい。

 

でも、ひとつ心配なのは頬と顎の痛み。

夜中に一度目覚めた時、鏡を見たら、頬がめっちゃ腫れてる!

四角くなってました。

 

先程貼ったサイトにもありましたが、顎の骨にも影響が出ているのでは…。

 

歯の痛みは治まったのですが、外から触ったり、大きく口を開けると筋肉痛の様な鈍い痛みが。

 

このブログを書いている今も、夜中ほどではありませんが、腫れと痛みが残っています。少しずつよくなってはきていますが…。

腫れた頬に熱をもっていましたが、それはひいてきました。

闘ってくれていたのでしょう。

 

調べてみたら、『顎骨炎』なんてワードが。素人判断なので、違うかもしれませんが。

そうなる前に、原因の歯の早期治療がやはり大切らしい。

 

疲れがたまっていたり、免疫力が下がっていると、やはり顎の方まで細菌が影響するらしいですね。

 

このまま治まってくれ!

 

最近、連勤続きでやはり疲れていたのでしょう。

とどめを刺された感じで、『歯髄炎』に。

でも、1年以上ずっと謎の痛みに悩まされていたので、やっと原因がわかりホッとしているのが正直な気持ちです。

 

幸いなことに、日曜日までお休みなので、ゆっくり寝て回復させます。

月曜までに腫れがひくことを祈って。

 

やはり無理はよくないです。休息は大事。

 

来週、物件を見に山梨へ行きます。

その前でよかったー。

 

皆さまも、『歯』を大切に。

違和感を感じたら、こうなる前に早めに歯医者さんに相談してくださいね!

 

また、経過をお話しさせてください。

 

 

ここへお越しくださり、最後まで読んでいただき、

こころから、ありがとうございます!

 

こごまま