こごまのままに

愛犬が教えてくれる幸せ ~強迫性障害とともに生きる~

アツくなるから続かない!新しいことを始めるならば、ゆるーくあたたかく!【強迫性障害克服】

引っ越しまであと1ヵ月!

手放しは順調です!でもまだあまり実感がありません。

でも、こころは穏やか。そのくらいの方がだいたいうまくいきます。

 

アツい気持ちも大事なのですが、熱しやすく冷めやすい私。

アツくなればなるほど、冷めるのも早い。

だからあったかいなぁくらいの方がいい!

 

私の場合アツくなっている時は、大体がんばりすぎたり、無理している時です。

そうなると、段々こころがついていけなくなる。そして、急に冷めてスイッチが切れてしまいます。

 

そうなるくらいだったら、こころが穏やかに、心地よくいられるペースで。

一旦深呼吸して、こころを穏やかに微笑んで過ごす。

そのほうが、ずっとあったかく幸せな気持ちで続けていける!

 

そんな傾向にあります。

 

スポンサーリンク

 

 

強迫性障害もアツくなったら治らない

 

私は、小学生の頃から強迫性障害と共に生きてきました。

きっかけは人それぞれです。症状も人それそれです。

 

私の場合、きっかけはいじめにありました。暗くなってすみません。

でも、それはあくまでもきっかけ。

そこから二十数年、共に生きています。

 

今は、強迫性障害の症状は否定も肯定もしていません。そのまま受け入れています。

強迫性障害である自分のことは肯定して、受け入れて生きています。

 

症状が酷くなることもあります。

以前の私だったら、否定しまくりでした。

「強迫性障害が治らないのは、自分の努力が足りないからだ」「早く治さなきゃ」

「自分のこころが弱いからダメなんだ」

そんなネガティブなループから抜け出せず、結果症状を繰り返してしまう。

 

でも、もう自分を否定する、責めることをやめました!

治ったわけではありません。でも、「そのままでいいんだ!」って想えるだけでこころは軽くなるんです。そしてあたたかくなる。

 

こころのままに生きていく。それでいい。

 

治そうとアツくなっていると、これまた急についていけなくなります。

だから、こころがあたたかく穏やかにいられるように。それがいい。

 

『失敗』に怯える

 

強迫性障害の症状が酷くなる時。何に怯えているのだろうと考えました。

症状が出る場面はいろいろなところに見られるのですが、共通点があることに気づきました。

それは『失敗』。そう、失敗を極度に恐れているのです。

 

完璧主義のため、常に100点、1番を目指していることに気づきました。

これは昔から。勉強でも、学年で1位を目指していたし、弱い部分も見せたくない。

何でも完璧にできるってのが凄い!って勘違いしていたんですね。

だから、『失敗』は許されない!

無意識に、こころの奥底にそういう気持ちを常に持ち続けていたのでしょう。

 

そして、自分を苦しめていた。

これはストイックと言われればそうなのかもしれない。でも、ここでも結果続かなくなるのです。

 

勉強、仕事、家庭。年齢によって、ステージは違うけれど、結局は同じ考えで生きてきました。

絶対に『失敗』したくない!

だから、自分にプレッシャーをかけ続けている。そして強迫性障害の症状が酷くなっていきます。

 

この行動をしたら『失敗』してしまう。あの苦手な人のことを考えたら『失敗』してしまう。

行動の途中で嫌なイメージが思い浮かぶと『失敗』してしまう。

そんな、根拠のない不安に襲われます。そして、自分が納得するまで、いいイメージに変わるまで、同じ行動を繰り返し、そしてやり直してしまう。

 

そして、どんどん自分を苦しめてしまうのです。

 

特に、最初が肝心だと考えてしまいます。

『1年の計は元旦にあり』じゃないですが、何かを始める最初の日や計画(イメージ)が全てを左右するのではないかと。すごく慎重になって、力が入ってしまいます。

 

なので、お察しの通り強迫性障害の症状はMAXになります。

 

だから、新しいことをスタートさせることは、私にとってとてもとても大変なこと。

絶対に『失敗』したくないと同時に、絶対に『成功』させなければいけないと考えているんです。

そうなると、もう何もできなくなる。動き出せなくなる。何かを始めることが怖くなってしまう。というか、面倒くさい!

 

これも、最初にアツくなりすぎているから。

未来のことなんてわからない。『今』をこうやって苦しめていて、『未来』を変えることができるのかも疑問です!

 

未来のこと、これからの生活のことを考えるから不安になるのです。だって見たことがないのですもの。

今を見れてない。常にこれからのことを考えている。だから、なんだか地に足がついていない、どこにいるのかわからない状態にいる。だから常に不安なんです。

 

始めるなら、ゆるーくあたたかく!

 

絶対に『失敗』したくないと、今の自分を苦しめる必要なんてないんです。

「別にすぐに辞めてもいいやー!」「ダメだったら、次に行けばいいやー!」

「何とかなるっしょー!」「今楽しいからいっかー!」

それくらいのゆるーい気持ちでいた方が、案外楽しく続けられるものです。 

 

ほらこれって、熱くもない冷たくもない、あったかいなぁくらいの感覚です!

 

こういうこころでいた方が、強迫性障害の症状が軽くなる。すぐに辞めたっていいんですもの。

何かを始める時の儀式のようなことだってする必要ない。

新しいことを始めるのは特別なことではない!そう、本来楽しいこと、幸せなことなんです!

そう考えると、色々なことに挑戦することが楽しみになります。

その結果、そんな自分が好きになります!

ひとつのことにしがみつかなくていい。可能性は無限大なのだから。

これからどんどん挑戦したらいい!挑戦していいんです!

f:id:cogomama:20190318212330j:plain

僕は、たのしいことしかしないよ!

 

強迫性障害ではなくても、きっと『未来』のことを考えすぎて動き出せないって方もいるんじゃないですかね?

 

だから、こころはゆるーく、あったかいなぁくらいで!

『未来』を心配するくらいなら、『今』好きなこと、幸せに感じることをする。

そんな『今』をあったかく続けていけば、

その『今』は、この瞬間からみた『未来』なのだから!

 

それなら、『未来』はずっと幸せですね!

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ここへお越しくださり、最後まで読んでいただき、

こころから、ありがとうございます!

 

こごまま