こごまのままに

愛犬が教えてくれる幸せ ~強迫性障害とともに生きる~

【『強迫性障害という病気』と『強迫性障害である自分』】同じ『受け入れる』でも違う!?

久々に何も予定がない休日。なんと幸せなことか。

 

私にとって『予定がない=贅沢』。

先日もお話ししましたが、予定があると『こころ』が休まらない。

だから、休日が休日でない。

 

疲れていたのでしょう。

旦那を送り出してから、二度寝。起きたのは11時半。

家事を終え、こごまを散歩して。その後また眠くなって、気付いたら18時でした。

体力的にではなく『こころ』に疲れがたまっている時は、決まってこうなります。

 

考えることをからだが拒否しているのかもしれません。

昔から、よく寝ていました。

『寝る子は育つ』と言いますが、いくら寝ても身長は145cmにしかならない。

ありゃ嘘です。笑

 

でも、今日はポカポカ。全部の窓を開け空気を入れ替え。

こごまとの日向ぼっこも久々でした。この時間が、今一番幸せかもしれない!

 

お散歩もこの恰好じゃ暑いよね。

f:id:cogomama:20190225220335j:plain

いま僕は、においをかいでいます


引っ越しまで、なかなか『こころ』は休まりそうにありません。

でも少しずつ、少しずつ進んでいっている。それでいい。

焦らなくていい。がんばらなくていい。自分のペースでいい。

自分の選択、自分の決意、そして自分自身を信じる。それだけでいい!

 

スポンサーリンク

 

 

同じ『受け入れる』でも違う

 

前回、自分を『肯定的』に捉えるとお話ししました。

www.cogomama.com

 

でも、何か引っかかりを感じたのです。

ここ2,3日考えていました。そりゃ、こころも休まらん!笑

 

私は『強迫性障害』です。

小学生の頃から、この病気と共に生きてきました。

ずっと、ずっと煩わしく感じていました。追い払おうとしてきました。

 

でも、受け入れることにしました。

だからと言って、治さないわけではありません。『無理に』治すのをやめた。

強迫性障害の症状は、私の『こころ』を守る為にあるのだから。

 

『否定』も『肯定』もしない。ただ、ただ、受け入れる。そう決めました。

 

 

そう。

 

『否定』も『肯定』もしないんです。この前の話と矛盾してますよね?

何でだろ。だから、考えていたのです。

 

自分自身のことも受け入れる。でも『肯定』はする。

 

同じ『受け入れる』なのに、何が違うのだろう。

 

f:id:cogomama:20190225220525j:plain

僕もかんがえてみる

 

『否定』する?『肯定』する?

 

『強迫性障害』という病気。ずっと『否定』し続けてきました。

何度も何度も同じことを繰り返してしまう。酷くなると、そのループから延々抜け出せない。煩わしい。ツラい。もうヤダ。なんてダメなヤツ。こんな自分なんて大嫌い!

 

そう、ずっと『否定』していました。

最初は『強迫性障害』という病気に対して『否定』していたことが、

徐々に『自分』に対して『否定』するようになっていったのです。

 

強迫性障害になっている自分はダメなヤツ。そう考えるようになってしまった。

 

じゃあ、逆はどうでしょう。

 

自分のペースでいい!そのままの自分でいい!自分を信じよう!

『自分』を『肯定』すると、こころがパーッと明るくなります。安心する。

 

では『強迫性障害』という病気を『肯定』してみましょう。

強迫性障害って最高!もっといろんな症状出てくれ!一生傍にいてー!

 

…。

 

100歩譲ったとしても、こんな風には思えません。

やはり『強迫性障害』を『肯定』することはできません。

 

でも、『否定』して無理に追い出すことももうしません。

焦るほどに、症状は酷くなっていくから。症状が出ても、「あぁ、出てるなー」と客観的に捉える。そして受け入れる。

 

やはり『強迫性障害』という病気に対して『否定』も『肯定』もしない。

 

でも、『強迫性障害である自分』に対しては?そう聞かれたら?

うん、『否定』しない。でも『肯定』はする。でしょう。

 

『強迫性障害である自分』はダメなヤツじゃない!恥ずかしくもない!好きになってもいい!いや、大好きになっていい!

 

だからやっぱり『自分』は『肯定』する。そして受け入れる。

 

同じ『受け入れる』だけど、違う。

 

『強迫性障害という病気』と『強迫性障害である自分』

 

色々お話ししました。何が言いたいのか。それは…

 

『強迫性障害という病気』は『否定』も『肯定』もしない。そのまま『受け入れる』。

『強迫性障害である自分』は『否定』せず『肯定』する。そのまま『受け入れる』。

 

私なりにこの結論に辿りつきました。あぁスッキリした!笑

だから、私は『自分』を『肯定』して生きていきます!

 

そのままの自分を認めて、信じて、『肯定』して。そのままでいい。

そしてどんな自分だとしてもそのまま『受け入れる』。

 

自分のペースで。こころのままに。

 

f:id:cogomama:20190225220621p:plain

 

絵心がないのは許してください。笑

気が向いたらこんなのも書いてみまーす!新たな挑戦!

 

 


ここへお越しくださり、最後まで読んでいただき、

こころから、ありがとうございます!

 

こごまま