こごまのままに

愛犬が教えてくれる幸せ ~強迫性障害とともに生きる~

【マイクロチップ義務化】犬との引っ越しで必要な手続きとは?

引っ越しをしてからもうすぐ2ヵ月。

あっという間ですね。

今回は名古屋~山梨への引っ越し。手続きもたくさんありました。

 

愛犬『こごま』を連れての引っ越しは初めて。

引っ越して1ヵ月くらいは落ち着かない様子でした。

トイレを失敗してしまったり、急に下痢をしたり…。無駄吠えも多かったり、お留守番も不安でした。元気そうに見えてもやっぱりストレスだったんですね。

 

でも今はもう、自分の家だと認識したようで。

トイレの失敗も、無駄吠えもほとんどなくなりました。

お昼寝もぐっすりしています!

f:id:cogomama:20190612212809j:plain

だいじょうぶだよー!

でも、やっぱりお留守番は不安なようで…。自動餌やり器から出てくるドッグフードをほとんど食べていませんでした。

一緒にいる時は、すごい勢いで食べるんですけどね。

 

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

↑こごまは子犬の頃からずっとこちらのドッグフード!おいしそうに食べます。

毛の艶を褒められるのも、このおかげ!?

 

でもでも、少しずつですがお留守番中も食べてくれるようになり、先日は帰ったことにも気づかず爆睡していました。

ちょっとずつ慣れてきたのかな!

焦らず、こごまも『こころのままに』ですね!

 

ペットのマイクロチップとは?

 

今日、ペットの『マイクロチップ義務化』のニュースをやっていました。

www.jiji.com

 

マイクロチップとは、直径2mm、長さ8~12mm程度の円筒形で、15桁の番号が記録されています。そのチップを獣医師が注射器で犬や猫などのペットの体に埋め込みます。

この番号を専用の機械で読み取ると、番号と共に登録してある飼い主の情報(氏名、住所、電話番号など)と照合ができます。

 

もし迷子になった時。また災害などで離れ離れになった場合などに身元証明になるわけですね。

 

こごまにもマイクロチップが埋め込まれています。

こごまを迎え入れた時にはすでに入っていたので、飼い主情報の登録だけしました。

首の後ろにあるみたいです。でも、普通に触っただけだと全然わかりません!

一度、動物病院で機械での読み取りをしたら番号がでてきたので、入っているんだなぁと想ったのを覚えています。

 

「マイクロチップを埋め込むなんて痛そう。」なんて想ってしまいますが、普通の注射と同じくらいの痛みだそう…。

環境省_マイクロチップをいれていますか? [動物の愛護と適切な管理]

 

飼い主のデータの登録が完了するとハガキが届きました。

ハガキの表面には、15桁の番号やこごまの情報等が書かれています。ハガキなので、もちろん飼い主の住所や名前も。

f:id:cogomama:20190612212908j:plain
 

この通知書は、ずーっと大切に保管しておきます!

 

こごまの大切なモノは、この母子手帳ケースに。

f:id:cogomama:20190612213020j:plain


仕切りがたくさんあって、デニムのデザインもお気に入り!

 

マイクロチップも住所変更が必要!

 

今日のニュースで、「そう言えば、マイクロチップの住所変更してないじゃん!」と思い出したわけです!

気付いてよかったー。

 

f:id:cogomama:20190612213052j:plain

 

こちらにも変更方法の記載がありましたが、

公営社団法人 日本獣医師会 <マイクロチップデータ登録窓口>

に一度電話をしてみました。

 

すると、自動音声案内で、記載と同じ内容と補足の案内がありました。

 

①ハガキの表面をコピーし、空いている所に新しい住所を記入。FAXまたは郵送する。

 

②ハガキの表面の画像データを添付し、本文に新しい住所を記入。Eメールで送信する。

 

私は、②Eメールで送信をしました。

するとすぐに、登録変更の受付をした旨と、変更完了までに2~3週間かかるとの返信がありました。

想ったより、簡単に手続きできましたー!

f:id:cogomama:20190612213122j:plain


引っ越しをして、変更がまだの方は是非お早めに!ハガキは必ず用意してくださいね!

 

犬との引っ越しで必要な手続き

 

犬との引っ越しの場合、マイクロチップの登録変更だけすればいいわけではありません。

 

①市町村への登録変更手続き

 

犬を飼っている皆さまはご存知の通り、お住いの市町村に登録が必要になります。

 

犬を飼い始めてから30日以内(子犬の場合、生後90日を経過した日から30日以内)に登録し、毎年一回狂犬病の予防注射が義務付けられています。

 

引っ越しをした際には、もちろん登録変更の届けも必要。

 

今回は名古屋~山梨への引っ越し。

名古屋市の保健所に引っ越し前に問い合わせてみると、

「名古屋市での届出は特に必要ありません。お引越し先の市町村で手続きしてください。その際に鑑札が必要となるので、持って行ってくださいね。」

と教えて頂きました。

 

山梨に引っ越してから、手続き。

甲府市では、『甲府市健康支援センター』2階の生活衛生薬務課(TEL:055-237-2550)へ届け出ます。

今年からこちらの窓口になったそうですね。

 

鑑札を甲府市のモノに交換して頂き、名古屋市にはなかった愛犬手帳を受け取りました。

f:id:cogomama:20190612213154j:plain

ちょっと、ここ置かないでよー


狂犬病の予防注射の際に、持参するそうです。忘れないようにせねば!

 

今年の予防注射は名古屋市で済ませてありました。

なので、注射済票はそのまま1年間名古屋市のモノを使用してくださいとのこと。

 

鑑札の他にも一応、注射済票と予防注射の証明書を持参しました。

 

お住いの市町村によって、届出場所や持参するモノも違うかもしれませんので確認してから手続きに行ってくださいね!

 

②ペット保険

 

忘れてはいけないのが、ペット保険。

加入しているワンちゃん、猫ちゃんも多いのではないでしょうか。

 

引っ越しの際には、こちらの変更手続きももちろん必要です!

加入されているペット保険によっては、Web上で変更可能な場合もあります。

こごまが加入している保険は会員のページから簡単にできましたー!

 

f:id:cogomama:20190328170211j:plain

3歳のお誕生日にいただきましたー!


引っ越し後の手続きは、本当にたくさんあって大変です!

でも、大切な家族の一員である、ワンちゃんや猫ちゃんたちのため。

忘れないうちに、是非お早めに届出を!

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ここへお越しくださり、最後まで読んでいただき、

こころから、ありがとうございます!

 

こごまま