こごまのままに

愛犬が教えてくれる幸せ ~強迫性障害とともに生きる~

【三つ折りマットレス】これで敷布団もふかふか。愛犬も占領!?

梅雨の貴重な晴れ間。大切にしたいですよね。

今だーとばかりに布団を干しています。

 

愛犬『こごま』のお気に入りのマットレスも。

f:id:cogomama:20190619200856j:plain

これだよ!


このブログの写真にも度々登場しています、このマットレス。

元々は私の布団替わりでした。

 

出してー!

 

こごまがまだ子犬だった頃。

その頃は、夜はケージに入れて寝ていました。

でも、いつしか朝方になると「出してー!」と頻繁に吠えるように。

 

最初はしつけをしようと、吠えても無視。鳴きやむまで待つ作戦を試みました。

あとは、吠えたら大きな音を出してびっくりさせよう作戦。

でも作戦むなしく、いっこうに鳴きやむ気配はありませんでした。

 

アパートなので、別の入居者さまのご迷惑になるのを心配して、ケージから出したのが最後。毎朝吠えるように…。

どうやっても無理。ダメな飼い主だと責めたことも。

 

その頃私は旦那と一緒のベッドで寝ていました。

朝方に起きて、こごまを出してリビングの座椅子ソファで寝る。

そんな毎日が続きました。

 

さすがに体が痛い。寝不足。

そして、ある時吹っ切れました!

「もういいや。こごまだって、昼間お留守番で寂しいんだ。一緒に寝たっていいじゃないか!旦那もシングルのベッドに二人でさぞかし狭かっただろう!」って。

まぁ、都合のいい言い訳ですが、そこはいいんです!

私だって、一緒に寝たいし!そうだ『こころのままに』だ!一緒に寝て何がわるい!

f:id:cogomama:20190619201208j:plain

ひとりは寂しいよ

ってことで、購入したのがこのマットレスだったのです。

 

マットレスの使い道

 

ふかふかで気持ちいい。と想っていたのも束の間。

最初は朝方だけだったのが、だんだんと時間がのび、最終的にはもう最初から一緒に寝ることに。笑

 

でも、そうなってくると正直このマットレスだと体が痛いのです。

もっと厚手のモノを購入しようとしましたが、お客様用にとしまっていた敷布団があることを想い出したのです。

 

その頃はまだ、ミニマリストに憧れ始めた頃。

いつかくるお客様にと、とっておいたモノ。でもその『いつか』は来ないことに気づき始めた頃だったのです。ちょうど手放そうか迷っていた時。

だから、タイミングがよかった!その敷布団を自分用に使うことにしました。

 

でも、そうなってくるとこのマットレスはいらないぁ。どうしようかなぁ。

なんて想っていたのですが、敷布団を直接敷いて寝てみたら、何だかからだが痛い。

ベッドのスプリングに慣れていたので、どうも寝にくかったのです。

そこで、敷布団の下にマットレスを敷いてみることに。

 

そしたら、あれ?ふかふかじゃん!気持ちいいじゃん!

マットレスが一枚あるだけで、全然違う布団のようでした。

そこからこのマットレスが必需品となったのです。

しかも、お互い広々とした所で、旦那も私もぐっすり眠れるようになりました!

 

f:id:cogomama:20190619201016j:plain


そして、引っ越した今ではこのベッドの手前に、私はマットレス+敷布団で寝ています。

こごまは、ベッドと敷布団とを夜中に行き来して自由に寝ているみたいです。

たまに座椅子ソファで寝てますけど。

 

やっぱりマットレスは我が家の必需品!

 

もっと性能がいい、敷布団を奮発して新たに購入すれば、一枚ですむのかもしれません。

でも、このマットレスやっぱり必要。

 

何たってこごまがお気に入りなのです!気付いたらマットレスの上にいる。

そして、私とこごまのお昼寝の時にも使っています!畳んだままね。

畳んだままだともっとふかふか。

 


三つ折りマットレス マットレス シングル しんぐる 折りたたみ 3つ折り 三つ折り 厚さ6cm ウレタン 折りたたみマットレス 腰痛 マット アイボリー・ブラック・ブラウン【D】 寝具

 

このマットレス、三つ折りにできて軽いし、そんなにスペースもとらないので、

お昼寝とか日向ぼっこの時には、窓際に持っていきます。

こごまとゆっくり過ごす、この時間が私の最高の幸せです。

 

だから、今の生活にはなくてはならないモノなのです。

 

モノを手放すだけじゃない。今の自分に必要なモノを丁寧に使う。

これも、ミニマムな暮らしに大切なことなのですね。

 

ってか『敷布団』て英語で『マットレス』なんですね。

まぁ、いっか。笑

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ここへお越しくださり、最後まで読んでいただき、

こころから、ありがとうございます!

皆さまが、自分のこころと向き合うきっかけになれば幸いです。

 

こごまま