こごまのままに

愛犬が教えてくれる幸せ ~強迫性障害とともに生きる~

調理器具は必要最低限。自分にあったモノだけで料理が楽しくなる!

愛犬と過ごす時間。今の私にとって何よりも大切な時間。

窓を開けて、マットレスを準備。

 

レースのカーテン越しの太陽の光と優しい風。

こごまと一緒にお昼寝。

 

なんて幸せなんだろう。

f:id:cogomama:20190617214056j:plain

ちょっと、カーテンがじゃまなんですけど


もうすぐ暑くてクーラー生活になるんですよね。犬は人より暑がり。

真夏にコートを着ているようなもんです。

人間が「ちょっと暑いなぁー。」なんて時は、犬は「もう、めっちゃ暑くてヤバいんですけどー。」って状態。

 

熱中症にも気を付けねば。ということで、名古屋にいた頃は、夏はほぼ毎日24時間つけっぱなしでした。

 

スポンサーリンク

 

 

季節を感じることができる『こころ』の理由

 

山梨に引っ越して、ここ甲府は盆地なので夏は暑い。名古屋と似た気候です。

でも、高校卒業と同時に山梨を離れたので、温暖化で今どうなっているかは…。

17年ぶりくらいの甲府の夏。

夜は涼しくなるといいなぁ。

 

こうやって昼間から、窓を開けて、風を感じながらお昼寝なんて、

この時期だからできること。

季節の変化をゆっくりと感じることができるようになったのも、こごまといるから。

 

そして、モノが少なくなって、こころの不安も少なくなって、

暮らしも、こころもミニマムになってきたから。

 

引っ越しをする前、家具も含めたくさんのモノを捨てました。

そのおかげで、今は掃除も早く終わります。

余計なモノに気をとられることもなくなりました。

 

家事がシンプルになったから、迷いがなくなって、色々考えることも少なくなって、

暮らしがいつも、厳選されているような。そんな気持ちです。

 

調理器具が少なくなると、料理が楽しくなる!?

 

家事のなかでも、料理はそんなに好きな方ではありません。

だから、引っ越し前は夕飯は宅配とかコンビニとかの日も正直多くありました。

その分お金が…。

 

今もたまにあります。旦那のお休みの日とか。

でも、格段に減った。

食べるモノがないから、宅配に頼む。そんな無駄な出費もなくなりました。

 

それはなぜか?

調理器具を、シンプルにしたから。必要最低限に。それだけです。

そんなに専門的なモノがあっても、私には使いこなせない。

オーブンさえ使ったことがありません。

電子レンジに一応機能としてついてますけどね。

 

フライパンと炊飯器と電子レンジとトースター。またはボールであえるだけ。

魚はフライパンで。グリルは使わない。

そんな簡単な料理しか作りません。

揚げ物は買います。

 

前までは、主婦なのだから料理はきっちり。みたいに想っていました。

料理が得意な素敵な女性の方。今でも憧れます。

ブログやテレビで、そんな方々の料理を見ると、それが当たり前なんだと錯覚して。

自分はダメなんだとすぐに想ってしまって。

 

でも、そんな素敵な料理が作れるから、紹介されているのですよね。

私は、私でいい。

 

だから、自分ができる範囲でやることにしました。

 

そうしたらね。

ふっきれたから。調理器具も少なくなったから。

最近料理が楽しい!

f:id:cogomama:20190617214243j:plain

引き出し公開しちゃいます!


同じ料理を作っても、旦那に「これなんか変わった?うまいんだけど。」と言われるように!これ本当です。

 

あぁ、これも使えない。あれも使いこなせない。と、余計な調理器具があった時はダメな主婦を自分でつくってしまっていたのです。

 

でも、今は持っている調理器具を使いこなしているから、できる主婦になった気分です!笑

f:id:cogomama:20190617214324j:plain

下の段はもっとシンプル


自分にあったモノ。暮らし。それでいい。

無理によく見せようと想わなくていい。もう、がんばらなくていい。

そう『こころのままに』。

 

それだけで、こころは満たされます。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ここへお越しくださり、最後まで読んでいただき、

こころから、ありがとうございます。

皆さまが、自分のこころと向き合うきっかけになれば幸いです。

 

こごまま