こごまのままに

愛犬が教えてくれる幸せ ~強迫性障害とともに生きる~

生きていてくれるだけで、いい。妹の手術を前にわかったこと。

6歳離れた、私の妹。

小学生の頃から『側弯症』という病気を患っています。

 

『側弯症』とは、簡単に言うと、背骨が左右に曲がってしまう病気。

妹の場合、立体的にねじれているため、右の背中が出っ張っています。

側弯症は、どんな病気か?|側弯症TOWN(患者向けサイト)|日本側彎症学会

 

それが原因なのかはわかりませんが、昔から体が弱く。

本人曰く、調子のいい日はないそうです。

腰痛や頭痛、肩こりはしょっちゅう。1年中何かしらの薬を飲んでいます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

妹が幼い頃は、まだ治療の技術がそこまで進歩していなかったのでしょうか。

手術はリスクが大きいとのことで、経過観察。そして現在に至ります。

 

本人はケロッとしているように見えます。

でも、きっとこころの奥底では、コンプレックスを感じているのかもしれません。

 

そして今回、もう手術をしたほうがいいというお話があったと言います。

詳しくは聞かなかったのですが、病院を変えたのかもしれません。

とても、評判のいい医院長さんと出会い。そして、側弯症を専門とする別の医師を呼んで、2人ががりで手術をしてくださることになったそうです。

 

MRIをとったり、検査入院で造影剤を使って検査をしたり、輸血用の血をとったり…。

それに、一人暮らしをしている部屋を解約して、実家にしばらく帰ることになったので、引っ越しの準備をしたり。

 

仕事がお休みの日を使ってだったので、とてもハードだったと思います。

私も片付けの手伝いをしましたが、かなり疲れた顔をしていました。

さすがに体調を崩して、一日お休みをもらったそうですが…。

血も足りてないから、そりゃフラフラになりますよね。

 

 

そんなハードな日々を過ごし、今日、今から手術です。

 

 

私もこれから父や母と合流して、手術が終わるのを待ちます。

 

f:id:cogomama:20190721145053j:plain

心配だけど、僕はみんなとおうちで待ってる!

 

妹は、からだは弱いけど、こころが強い。

私は、からだは強いけど、こころが弱い。

 

見た目は似ていても、性格も正反対な姉妹。

 

手術が無事に成功して欲しい。ただそれだけを祈っています。

 

欲を言えば、今までのからだの不調も治してあげてください。かな。

 

 

6時間程の大きな手術。背中を40cm切り。背骨の間にボルトを入れるそうです。

 

本人は、「みんな、がんばってって言ってくれるけど、がんばるのは私じゃなくて先生だし!」とあっけらかんとしています。笑

 

周りの方が、心配。

心配性すぎる母は、もういっぱいいっぱい。

手術が無事に終わり回復するまで、母をフォローしていくのが私の務めかなと思っています。

 

生きていてくれるだけでいい。

 

笑っていてくれるだけでいい。

 

そこにいてくれるだけでいい。

 

家族、旦那、愛犬こごま。

大切な人に望むことってそれだけなんだなと改めて実感しました。

 

 

そんな風に自分も思ってもらえているのだろうか。

 

そんなの考えることもありません。

 

そのままの自分。偽りのない自分。

自分に正直に生きていたら、愛してくれる人は必ずいます。

たった一人だって充分。

 

誰れからも好かれようだなんて思わなくたっていい。

 

本当に自分を愛してくれる人だけを大切にしたら、それでいい。

きっと、そう思えるかどうかです。

 

もし、誰からも愛されていないなんて考えてしまったら。

まずはそんな自分を愛してあげる。うんと大事にしてあげる。

そうしたら、気づくはずです。

 

自分は愛されているんだと。

 

そして、生きているだけでいいんだ。幸せなんだと。

 

 

妹は、家族はもちろん、友達、職場の仲間、先生方、そしてこごま。

たくさんの皆さまから心配してもらい、励ましてもらい、本当に愛されています。

 

それは姉としても、誇りです。

 

ただの手術で大げさだよ。って思われるかもしれませんが、今回の妹のこの手術で気づかされることがたくさんありました!

 

天国のおじいちゃんもきっと見守ってくれてるよね。

 

無事に手術が成功し、リハビリをして、数ヶ月はコルセットをつけたままの生活になると思います。

 

早く回復して、今まで以上に元気になって。

こごまも、また一緒に遊べる日を楽しみにしています!

 

f:id:cogomama:20190721145203j:plain

妹になでられている至福の時。「僕ね、妹ちゃん大好き♪」



 

今回は、ものすごく個人的な話になってしまってすみません。

ここまでお付き合いいただいた皆さま、本当にありがとうございます!

もし、不快に感じられる方がいらしたら、すみません。

 

でも、皆さまが、少しでも自分のこころと向き合うきっかけになったなら、幸いです。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑いつも応援クリックありがとうございます!

とっても励みになります♪皆さまにも、幸あれ☆

 

 

ここへお越しくださり、

最後まで読んでいただき、

こころから、ありがとうございます!

 

こごまま