こごまのままに

愛犬が教えてくれる幸せ ~強迫性障害とともに生きる~

【仕事だって自分のペースでいいじゃない その2】私の働き方改革

ブログ初心者。格闘中の私に、こごまからのプレッシャー。

もう少し待っててくれ!


f:id:cogomama:20190108133420j:image

 
夢中になれるって何よりの安定剤

 

昨日のお話のつづき。

 

こうしてこごまとの生活がスタートしたわけですが、

もうわちゃわちゃです!

 

旦那は実家で犬を飼っていました。

私も甲斐犬を飼っていました。名前は「ふじ」

でも、室外で飼っていて、噛み癖があったらしく遊ばせてはもらいませんでした。

窓から眺めてばかり。私が小学校の頃に亡くなってしまい、ずっと心に引っ掛かったままでした。

強迫性障害になる少し前だったように記憶しています。

 

強迫性障害とわかって少しして、詳しくはわからないのですが霊視(違うか?)そういった類の専門家にみてもらった事があるそうで、

「強迫性障害の症状は、犬(ふじ)が守ってくれてる為に出ている。

だから、ありがとう もう大丈夫だよと伝えてあげてください。」

そう言われたそうです。

幼い頃の私は、その話を聞いてとてもうれしかった気持ちと、

本当はいっぱい遊びたかったという後悔で、とても複雑でした。

 

今でも、たまに(たまにでごめん!笑)その話を思い出して、

「いつもありがとう」と心の中でつぶやいています。

 

だから、こごまがうちに来た時は、ふじの分もたくさん愛してあげようと誓いました!

その事を心の中で、ふじにも伝えました。(やきもち妬いたら困るからね!)

きっと伝わったよね?

 

 

f:id:cogomama:20190108134956j:plain

生後4ヵ月。少し成長したこごま。




子犬から育てるのは人生初の経験。

歩いてるー!おしっこしたー!ご飯食べてるー!

いちいち感動したのを覚えています。

 

お世話をして、トイレトレーニングして、しつけして…

わからない事だらけで、たくさんたくさん調べました。

毎日へとへと。だけど、それ以上に心は満たされていました。どれくらいぶりだろう。

 

ペットショップから迎え入れた日。忘れもしない6月1日。

そこからタイミングよく、

連休があったり、少しずつ溜まっていた有休を使うシフトになっていたり、

新しくスタッフが入り、勤務時間も短くなったり。

子犬を育てるのにありがたい環境になっていきました。

 

こんなに小さいのにお留守番はかわいそうと思っていました。

でも、子犬のうちからお留守番に慣らしておいてよかった。

 

そりゃ、あまり長時間だったり、毎日毎日お留守番はかわいそうです。

でも、どうしても出掛けなくてはならない時、お留守番に慣れていないと、

急に独りぼっちになったら…

想像しただけで、もっともっとこころが痛みます。

 

可愛い子には旅をさせよ。獅子の子落とし。

やらなくてはならない時があるのです!

 

しかし、子犬の場合、エサを1日に3~4回。フードをお湯でふやかして与える必要があります。

職場まで自転車で行ける距離だったので、

1時間の休憩中ダッシュで家に帰り、お世話して、遊んで、また仕事に戻る!

そんな日々でした。

 

気が付けば、こごまに夢中!毎日がとてもとても充実していきました。

生活も、こころも。

 

 

この子を私が守らなければ!無償の愛ってこういう事か!

お子様がいる方と一緒にしたら失礼かもしれませんが、

自分に子供がいたらこういう気持ちなのかなと。母親になったような、そんなうれしい感覚でした。

 

仕事で悩んでいるのも忘れるくらい。むしろ、あんなに嫌だった職場も、少し楽しいと思えるように。

こごまを育てる為に、稼ぐぞー!

こごまもいい子でお留守番してるんだから、私だってー!

そんなやる気が湧いていました。

 

夢中になれるって、何よりもこころが安定します。

 

さすがに犬を飼えとは言えません。でも、他の事が見えなくなるくらい何か夢中になるモノやコトに出会えたら、

それは何よりのこころの安定剤になるのではないでしょうか。

 

悩んでいる最中は、そんな事見付けられる余裕はきっとないと思います。

私は運がよかった。いや、あの時出会えたチャンスを無駄にしなかった

そんな自分を誇りたい。そう思います。

だから大丈夫。それに気付ければ大丈夫。

 

あの時こごまを連れて帰って来なければ、私はこうしてブログを綴る事もなかったかもしれません。

 

自分のペースで働ける仕事

雑貨屋を辞めて、1ヶ月程お休みしました。

しつけをしながら、こごまが寝たらのんびり。録り溜めていた番組やアニメを見たり。

私もお昼寝したり。

 

店長をしていた頃は、休みの日でも電話がかかってくるので、休めた気がしなかった。

電話の音がなる度に、ビクッとしていました。

 

だから、本当に休めたのは、久しぶりの事。

 

でも、何かこころに引っ掛かっている。

 

そう、

 

 

次の仕事どうしよう…。

 

求人サイトはしばらく見ない事にしよう。そう思っても気になって探してしまう。

だけど焦っても見つからないものです。

 

大丈夫!ゆっくり探していこう。

毎日できるだけ楽しい事、好きな事をして、

その後の生活をわくわく想像しながら、新しい仕事の条件を整理。

手帳に書き出しました。

 

しばらくして、また求人サイトをみてみると、条件にピッタリの仕事が!

 

全く新しいジャンル。でも、なぜかこころがパーッと明るくときめきました!

 

そうです。こごまを迎えた時、あの時もそうでした。

 

今までも、そういう経験が何度かありました。その感覚を信じて決断すると、

大抵うまくいきます!

何かこころに引っ掛かっていたり、嫌な気持ちの時は、それなりの結果が訪れる。

 

よく聞く話かもしれませんが、私は身をもって体験しているので、信じています。

 

実際に客としてお店に行き、雰囲気もバッチリ!

その後面接を受けると、その場で採用。

 

 

そこから2年ちょっと。今も自分のペースで働いています。

 

 

私の働き方改革

 

今の職場は、みんないい人。人間関係で悩まなくなりました。

もちろんたまにはイラッとする事もあります。

仕事面で大変なことだってあります。

 

でも、今いるメンバーだから乗り越えられています。

「きっと今、いっぱいいっぱいなんだろうな」

「こういう性格なんだろうな」

「何か私に手伝える仕事はないかな」

こんな風に考えられるようになりました。

 

もしかしたら、こんな風に考えられるようになったからこそ、人間関係がよくなったのかもしれません。

以前の私にはできなかった事。

一歩引いて、考えられるようになりました。

 

今の職場には恵まれています。

旦那の扶養に入ったので、収入は前より落ちましたが、自分のペースで働けています。

 

でも、もっともっと自分のペースで働きたい。

まだまだスタートラインに立ったばかりですが、

いつかブログだけでも生活できるようになりたい。

 

そんな思いもあって、このブログを始めました。

 

パーッと明るく、ときめく感覚を信じて。

 

そして、旦那とのこごまとの時間を大切にできるように。

 

 

 

ここへお越しくださり、最後まで読んでいただき、

こころからありがとうございます!

 

こごまま